エクステでボブからロングにする付け方 馴染む本数は何本?値段はいくら?付け方のコツは?

ゼロエクステ・スタンダード

エクステでボブからロングにする付け方 馴染む本数は何本?値段はいくら?付け方のコツは?

Section独自の技術「ゼロエクステ」でボブから超自然なロングに変身した事例をご紹介します。

モデルさん毎に、エクステが馴染む付け方のコツや本数・値段もご紹介します。

これからエクステを付けようと思っている方や、エクステを勉強している美容師さんの参考になれば幸いです。

ボブからロングにするエクステの種類

ボブからロングにする時は「編み込みエクステ」と「シールエクステ」の2種類を組み合わせて付けることをオススメします。

なぜなら、エクステは種類ごとにそれそれメリット・デメリットがあり、どれか1種類を付けただけでは馴染まないからです。

巷ではシールエクステが人気ですし、シールエクステだけで全頭付けるお店ばかりです。

しかしシールエクステは襟足に付けられないので、アップにしたり、縛った時に、襟足から短い地毛が出てしまい不自然です。

襟足部分やサイドの下部分には編み込みエクステを、頭の上の方にはシールエクステを…と場所によって付けるエクステの種類を変えることが、馴染ませる最大のポイントです。

エクステの種類の違いについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

それでは、エクステでボブからロングに変身させた事例を紹介します。

事例①就活中のモデルさんをエクステでボブからロングに変身

 

1人目のモデルさんは後ろが肩に当たってハネるくらいの長さです。

エクステ ボブからロング

このくらいの長さですと、他店ではエクステを馴染ませるために地毛を大幅にカットされてしまう場合がありますが、Sectionではそのようなことはありません。

エクステを付けるお客様の多くは、ロングを目指して地毛を伸ばしている途中です。

にも関わらず、地毛を短くカットしてしまっては本末転倒です。

おかっぱのような重めのボブの場合は、毛先をほんの少しぼかす程度にカットすることはありますが、見た目にはほとんどわからない程度ですので、ご安心ください。

ビフォーアフター

それでは、1人目のビフォーアフターをご覧ください。

エクステ ボブからロングエクステ ボブからロングエクステ ボブからロングエクステ ボブからロング

まるで地毛が伸びたように自然に馴染んでいます。

ゼロエクステは襟足から地毛が出てこないので、アップにしたり、片側で結んだり、地毛と同じようにヘアアレンジを楽しめます。

エクステ ボブからロング

エクステ ボブからロング

エクステが馴染む付け方のコツ

今回のモデルさんの場合は、後ろのハネの解消が一番のポイントでした。

そのためにシールエクステをギリギリの高さまで付けて、ハネを完全に消しました。

エクステ ボブからロング

また、つむじが割れしやすいタイプでしたので、シールエクステが見えないように、つむじ付近は地毛に合わせて左右非対称に付けるように工夫しました。

また、「就活中だから縛ってもエクステが見えないようにしたい」とご要望をいただいたので、サイドは全てシールエクステを付けました。

エクステ ボブからロング

通常であれば、サイドの下の方は編み込みエクステを付けるのですが、今回のモデルさんの髪の状態的に、縛った時に編み込み部分が見えてしまう恐れがあったので、そのように対応しました。

後ろで1つに縛っても、片側にまとめても、ツインテールにしても、アップにしても、エクステを付けているなんて全くわかりません。

本当に地毛がそのまま伸びたように自然です。

これがSection独自の技術である「ゼロエクステ」です。

エクステの本数と料金

本数は、編み込みエクステ80本+シールエクステ50枚使用しました。

料金は約4万円です。

※現在、新規の方限定で「25,000円付け放題」のお得なキャンペーン中です。

事例②ブリーチ済みのボブをロングに変身

2人目のモデルさんはブリーチ&カラー済みのモデルさんです。

このタイプの注意点としては「必ず1週間〜10日間空けましょう」ということです。

エクステ ボブからロング

ブリーチした髪は時間が経つにつれて、色が変わりますよね?

ブリーチ後すぐにエクステを付けてしまうと、しばらくして地毛とエクステの色が分裂して不自然になってしまいます。

ある程度時間を空けて、退色が止まってからエクステを付けるようにしましょう。

ビフォーアフター

それでは、2人目のビフォーアフターを紹介します。

エクステ ボブからロング エクステ ボブからロング エクステ ボブからロングエクステ ボブからロング

もちろん襟足から短い地毛は出てこないので、アップにしたり、縛ったり、ハーフアップにしたりと、ヘアアレンジを楽しめます。

エクステ ボブからロング

エクステが馴染む付け方のコツ

ブリーチ毛は色が特殊なので、全く同じ色のエクステはありません。

そこで編み込みは複数色を混ぜて、地毛と同じ色を作りました。

シールエクステは表と裏で色を変えて付けることで、地毛と同じ色にしました。

エクステ ボブからロング

色合わせの基本は「毛先の色に合わせる」ということです。

エクステは毛先の色から繋がってくるので、毛先の色に合わせることが、馴染ませるポイントです。

また、エクステを付けた状態でもカラーシャンプーは使えますのでご安心ください。

エクステの本数と料金

編み込みエクステ60本+シールエクステ40枚使用しました。

料金は約3万円です。

※現在、新規の方限定で「25,000円付け放題」のお得なキャンペーン中です。

事例③襟足5cmの重めボブからロングに変身

3人目のモデルさんは、段の入っていない重めのボブです。

髪質は毛が細くて、かなりペタンとしやすいタイプです。

メッシュが入ったように見える(実際には入れていないのですが)ので、編み込みもシールも2色のエクステを組み合わせて、メッシュ風に表現しました。

また、このモデルさんは「襟足が5cm」でした。

他店では断られる可能性のある長さですが、Sectionであれば「襟足が最低3cm」あれば付けられますのでご安心ください。

ビフォーアフター

それでは、3人目のビフォーアフターをご覧ください。

エクステ ボブからロング エクステ ボブからロング エクステ ボブからロング エクステ ボブからロング

もちろん襟足から短い地毛は出てこないので、アップにしたり、縛ったり、ハーフアップにしたりと、ヘアアレンジを楽しめます。

エクステ ボブからロング

エクステ ボブからロング

エクステ ボブからロング

エクステが馴染む付け方のコツ

毛が細くてペタンとしやすい髪質のモデルさんの場合、編み目やシール部分が見えてしまいやすいです。

そこで編み込みは、サイドは細く付けて見えにくくする、襟足はボリュームを出すために太く付ける…と場所に合わせて付け方を変えて工夫しました。

エクステ ボブからロング

エクステ ボブからロング

シールエクステも地毛やつむじの形に合わせて、あえて左右非対称に付けることで馴染ませました。

エクステ ボブからロング

また、編み込みエクステもシールエクステも2色を組みわせることで、地毛に合わせてメッシュ風の仕上がりにしました。

エクステの本数と料金

編み込みエクステ60本+シールエクステ40枚使用しました。

料金は約3万円です。

※現在、新規の方限定で「25,000円付け放題」のお得なキャンペーン中です。

事例④ワンレンボブから自然なロングに変身

4人目のモデルさんは毛先ぱっつん+外ハネのワンレンボブです。

 

段が全く入っていないパッツンで、後ろは肩に当たってハネています。

エクステ ボブからロング

地毛とエクステが分裂して線が出やすいので、このタイプの髪型が一番難しいです。

でも、余裕で馴染んじゃうのでご安心ください。

ワンレンボブからロングのビフォーアフター

それでは、4人目のビフォーアフターをご覧ください。

エクステ ボブからロング エクステ ボブからロング エクステ ボブからロング エクステ ボブからロング

もはや説明するまでもありませんが、襟足から短い地毛が出てこないので、アップにしたり、片側で縛ったり、ハーフアップにしたりと、ヘアアレンジを楽しめます。

エクステ ボブからロング

エクステ ボブからロング

エクステ ボブからロング

エクステが馴染む付け方のコツ

まず、上の方に付けたシールが見えてしまわないように、エクステを複雑に付けて馴染ませました。

エクステ ボブからロング

他店ではマニュアル通りに付けてしまうのですが、それではシールが見えてしまいます。

お客様1人1人の髪型や生え方に合わせて、エクステを付けることが馴染ませるポイントです。

また、「自分で切り過ぎてしまった前髪を隠したい」とのことでしたので、前髪にもエクステを付けてボリュームアップしました。

エクステの本数と料金

編み込みエクステ80本+シールエクステ50枚使用しました。

料金は約4万円です。

※現在、新規の方限定で「25,000円付け放題」のお得なキャンペーン中です。

事例⑤パーマが残っているショートボブからロングに変身

5人目のモデルさんは、毛が細い髪質で、段の入ったショートボブです。

毛先にパーマが残っていますが、ストレートのエクステで自然に馴染みます。

エクステ ボブからロング

ショートボブからロングのビフォーアフター

それでは、ショートボブからロングのビフォーアフターをご覧ください。

エクステ ボブからロング エクステ ボブからロング エクステ ボブからロング エクステ ボブからロング

毎度お馴染みですが、アップにしても、片側で結んでも、ハーフアップにしても、地毛は出てきません。

エクステ ボブからロング

エクステ ボブからロング

エクステ ボブからロング

エクステ ボブからロング

エクステが馴染む付け方のコツ

今回も編み込みエクステ・シールエクステどちらも2色ずつ使い、地毛と色を合わせました。

単色のシールエクステで全頭付けてしまう店が多いのですが、Sectionでは表と裏でちがう色をサンドイッチして付けています。

これにより地毛と全く同じ色を作ることができます。

また、地毛が細いとどうしてもシールが見えやすいので、場所場所でシールエクステを付ける位置を変えたり、編み込みエクステの太さを変えることで、動いてもシールが見えないように工夫しました。

エクステ ボブからロング

エクステ ボブからロング

エクステの本数と値段

編み込みエクステ70本+シールエクステ40枚使用しました。

値段は35000円です。

※現在、新規の方限定で「25,000円付け放題」のお得なキャンペーン中です。

まとめ

実は、ボブは一番難しい髪型なのですが、Sectionなら自然な仕上がりすることができます。

モデルさんからは

「すごい…ちゃんとロングの人だ!」

「私の髪の毛はどこに行ったの?」

「ずっと鏡見ちゃいそう❤︎」

と仕上がりに大満足していただけました!

エクステを付けたい時は、ぜひSectionにお越しください

【Sectionについて】
“大人のエクステ”サロンSection。ショートやボブでも「100%馴染む “ゼロエクステ”」により、まるで地毛のような美しいロングに変身。「髪を短くし過ぎた」「薄毛・細毛」というお悩みを、業界一のエクステ職人が開発した技術 『ゼロエクステ』で即解消します。

横浜本店
https://bysection.com/salon/kanto/kanagawa/yokohama/

小田急相模原店
https://bysection.com/salon/kanto/kanagawa/odakyu-sagamihara/

いわき店
https://bysection.com/salon/tohoku/fukushima/iwaki/

松本店
https://bysection.com/salon/chubu/nagano/matsumoto/

高松店
https://bysection.com/salon/shikoku/kagawa

他にもYoutubeにたくさんの事例動画をアップしていますので、是非ご覧ください。
エクステ美容室Section Youtubeチャンネルはこちら